lain no blog

写真・撮影機材、コスプレなど徒然に書いていきます

[カメラ] GoPro HERO7 Black とiPhoneのシチュエーションでのカメラの使い分け

 

最近はGoPro HERO7 Black を買ってからというもの最近の持ち物はiPhoneiPad Pro、そして、このGoPro HERO7 Black の3つを常に携帯しています

これを持っていることでほとんどの仕事が完結するのでこれは必須です

そんなGoPro HERO7 Black を買ってから1週間が経とうとしていますが、これをどのように使っているのか、またカメラ機能はiPhoneとどれくらい違ってくるのかということを含めてシチュエーションでの使い分けを買いていこうと思います

 

 

 

食べ物撮影

食事を撮影する際はやはりiPhoneがいい写真が撮影できます

それは最短焦点距離iPhoneのほうが短いため寄って撮影をすることができます

GoPro HERO7 Black でも広角無効の設定にすることで撮影はできますが、やはりiPhoneのほうが画像処理のシステムが優れているのか綺麗な印象です

 

風景写真

これはGoPro HERO7 Black のほうに軍配があがります

魚眼効果で広くディテールもしっかりと再現されて写真を撮影できます

また、iPhoneでは出せない構図は面白いです

 

人物写真

これはiPhoneのほうがいいかなという印象をもちます

広角でとってしまうとゆがみもありますので、本来の残したい画とはことなるかもです

広角無効機能で撮影をしていてもやはりひとりの撮影だとiPhoneがいいかもしれません

しかし、自撮りや何人かの集合写真みたいなものだとGoPro HERO7 Black はアクセサリーをいつも使っていますので綺麗に撮影できます

また、GoPro HERO7 Black はレンズの横の液晶にセルフタイマーの時間がでるのでタイミングもわかりやすいですし、iPhoneのように鏡画にはならないという利点はあります

 

動画撮影

これは4K 60fで手持ちでもきれいに撮影できるGoPro HERO7 Black でしょうか

今回のシリーズの売りであるSmooth機能はタイムワープ機能撮影でも手ブレとカクカクするような感じもないのでより鮮明な動画を楽しむことができます

また、アプリで自動的に任意の数の動画を一緒に編集をして出力してくれる機能も手軽に動画に手を出しやすいひとつのきっかけになるでしょう

 

さて、一長一短のGoPro HERO7 Black ですがこれを使って、今度は一眼レフカメラで撮影をしているときの様子の動画を撮影できたらとも思っています

GoPro HERO7 Black のタイムワープ機能(早送り動画)が最近のお気に入りのlainでした

是非、気になる方は買ってみることをおすすめします

 

f:id:lainjing:20181001133837j:plain

 

 

[カメラ] GoPro HERO7 Black と iPhone7のカメラ機能の違い (個人的な印象)

 

どうも、lain(れいん)です

最近はGoPro HERO7を購入してからというものの、どんなことができるんだろうとか携帯して色々と撮影をしてみてどういう画が残るのかと試験的にやってみています

一眼レフカメラは?と言われますがご心配なく。ちゃんと仕事でも撮影をしていますし、沖縄での撮影した写真もたくさんありますのでこれを早くブログにてご披露できればと思っています

(お仕事の写真というものはなかなか権利がないためブログなどの使用は難しいのです)

 


GoPro HERO7 BlackとiPhone7の写真はどのような違いがあるかというものを個人的な印象でのお話しをしていきます

 

 

 

GoPro HERO7 Blackは写真の機能は何ができるの?

 


GoPro HERO7 Blackはアクションカメラというものの分類になりますので、やはりデフォルトのカメラ仕様は広角になっています

ただし、広角無効という機能があり普通の画角に近い写真も撮ることができます

デジタルズームもそこまでよれませんがついています

なによりもこの機器の素晴らしいものは「スーパーフォト機能」というものです

写真の色階調が残っているため、空や海を撮影しても綺麗に色が再現されます

パッと見だと色がつぶれているような印象がありますが、スマホなどで確認してみるとそんな事がないかなと確認できます

RAW撮影もできますので、レタッチにも耐えられる写真を撮影できます

ただ、苦手な写真は近くの寄った写真はあまり得意ではないかなと感じます

広角では近すぎるとピントも合わず最短焦点距離は30cmくらい、広角無効ですと15cmくらいでもいけると思いますがこのとき、それなりの光量は確保しておきたいところです

また、カメラ機能でマニュアル操作も可能ですので一眼レフカメラの心得のある人はまた違う楽しさもあるかなと思います

 


わりとサイズは3000×4000で、3~4Mの写真データとそこそこ大きいです

ここ最近はこれを使ってどんな写真が撮れるかというところをまた書いていければと思います

 

 

GoPro HERO7

f:id:lainjing:20180929181142j:image

 

iPhone

f:id:lainjing:20180929181203j:image

 

 

[カメラ] 沖縄の本島で誰もいない穴場の浜辺 コスプレ撮影でも使えます

 

前回に引き続いて沖縄にいってきましたので、そのことを書いていこうと思います

野外撮影というのはコスプレイベントでの参戦はよくあることなのですが、今回のコスプレはアズールレーンエンタープライズというキャラクターということもあって海での撮影をと考えて沖縄で撮影をしようと考えました

 

 

 

introduction

コスプレ撮影ができる浜となるとやはりまず障壁となるのが撮影許可と他のひとの目というものがありますので、それを考えるとどちらの条件をクリアするために人気の少ない浜辺を探さないといけません

しかし、6~10月までの沖縄はベストシーズンであるこの時期に”人気のない浜辺”を探すのは至難の技でしたが友人のツテで候補をふたつに絞りました

 

沖縄北部のかくれ浜辺

 

今回撮影した浜辺「村民の浜」

今回、沖縄での撮影を考えるにあたって2つの浜の候補を考えていまして、ひとつは前回紹介し、また撮影をした「村民の浜」というところでした

こちらは前回のブログにも記載がありますのでこちらを参照してください

 

 

lainjing.hatenablog.com

 

 

もうひとつの候補地の浜「ウクン浜」

うるま市のほうにあり橋を渡って島々を移動していく「ウクン浜」という浜です

こちらはコスプレ撮影はしませんでしたが、この浜には人が誰もおらず、絶景が広がっている浜でした。

また、浜辺の真ん中にはコンクリートの割れ目があり廃墟感がありました

こちらでのコスプレ撮影はおそらく圧巻なものになったのではないかと思いますし、できなかったのが悔やまれるところでした

ポートレート撮影はしてきました)

しかし、この浜に行くにはナビで表示されることはないためスマホのグーグルマップを頼りにいかないといけないこと。

また、道という道が舗装されているわけではないため、草の生い茂ったけもの道の中を走らなくてはなりません

浜辺にはトイレや更衣室といった施設もありませんので泳ぐことに適した浜辺かというと少し難しいところがあるかと思います

波もあまりおだやかではありません

それゆえ、撮影には向いているものの車を停められるところから浜辺までは200mはありますのでそこは徒歩になります

 

浜辺を正面に向いて右側には岩場があるため、そこでの撮影スポットもなかなかいいのではないでしょうか

テントなども設置はできそうなのでキャンプなどもできるかと思います

もし、浜辺の撮影を考えている方がいらっしゃいましたら是非こちらがおすすめです

 

f:id:lainjing:20180927144526j:plain

浜辺正面の写真です

廃墟感のあるコンクリートが海の中へと続いています

これは基地感があるのでコスプレ撮影をしたかったのですが、この日はあいにくの雨でしたのでここでは断念しました

 

 

f:id:lainjing:20180927144530j:plain

岩場の生い茂った草の緑と海の青緑色のコントラストのために正面での撮影ではなく、あえてこちらを背景にしました

(スカートも緑ですからね)

 

 

f:id:lainjing:20180927144534j:plain

浜辺へ行く途中の道

こちらは車でもいけるのかなと思いましたが不安でしたので途中で徒歩にしました。

急な坂と浜辺の入り口あたりは瓶の割れたガラスの破片などがあるため気をつけてください

 

 

 

ウクン浜

 

住所

 沖縄県うるま市与那城宮城

施設

 シャワー、更衣室、トイレはありません

開場時間

 とくに記載もなし(ただ悪路のため明るいうちの帰宅をおすすめします)

www.google.co.jp

 

 

 

 

[カメラ] GoPro HERO7Black の開け方・はじめかた

 

どうも、lain(れいん)です

今、9月27日に発売した GoPro HERO7

こちらを使ってもっと写真の表現の幅を広げていこうということで買ってみました

前まではamazonのタイムセールで購入した安い中華製のものを使用していたのですが、この前まで行っていた沖縄の旅行で水の中で使う機会がありまして水中の写真を気軽に撮影できるのは面白いなと思い、いいものを買ってみようということでこちらを買いました

また、iPhoneが魅力的であれば新しいiPhoneにしようと考えていたのですが今回もまったく惹かれることがなかったのでこちらのアクションカメラを購入

いま、『僕』の持ち物はiPhoneiPad ProとこのGoPro HERO7になりました

 

 

 

GoPro HERO7って何?

アクションカメラとよばれるもののひとつです

12Mの写真を撮影できて広角の写真はもちろん、魚眼機能を解除すれば普通の写真を撮影することも可能です

また、F2.8くらいかなとは思うのですがレンズも明るいためちょっとしたいいデジカメ感覚で使用できます

iPhoneとの比較などはまた次のブログにしようと思います

 

GoPro HERO7の開封

 

箱の下の部分の開け口から切って開封します

 

f:id:lainjing:20180927170249j:plain

 

 

 

透明部分のプラスチックの箱を下にしたまま、白い箱を取り出していきます

(白い箱の上部に台座についたまま本体は収納されています)

 

f:id:lainjing:20180927170328j:plain

 

 

 

取り外し方はこの白い箱の側面部分に図で記載されているのをみてください

 

f:id:lainjing:20180927170349j:plain

 

f:id:lainjing:20180927170428j:plain

 

 

 

1.ケース下部のゴム部分を絵のとおりに上にあげます

f:id:lainjing:20180927170520j:plain

 

 

2.次にケース下部の両側面をつまみ、前に押し出すと取りだすことができます

f:id:lainjing:20180927170554j:plain

 

3.ケース上部の固定部を三角の矢印のほうへと引き上げて、留まっているものをはずします

f:id:lainjing:20180927170647j:plain

 

f:id:lainjing:20180927170705j:plain

 

4.裏面部分のケースを押し倒しその方向へ本体を押し出すとケースから取り出せます

f:id:lainjing:20180927170725j:plain

 

 

 

レンズ側の側面部分にスライドして、開くとUSB-Cの差込口とminiHDMIの端子差込口が見えます

このUSB-Cへ付属の充電コードをさして充電しましょう

(USBプラグ充電器はついていません)

 

f:id:lainjing:20180927170901j:plain

 

 

 

こちらを充電している間に自分のスマートフォンにGoPro7のアプリをインストールしておきましょう

30分から1時間くらい充電し、50%以上の電池容量まで充電をしてください

(バッテリーが充電されていないと次に行う更新フォームのインストールができません)

充電されたら本体の電源、側面部のボタンを押して電源いれます

f:id:lainjing:20180927171031j:plain

 

 

背面部の液晶が立ち上がります

このときに液晶に亀の保護シールがついていますので、剥がしましょう

はがすときは空気がシールと液晶のあいだに見えるところがあるので爪でひっかけるととれていきます

こちらははじめとっていいものなのかどうかわからず困りました

 

f:id:lainjing:20180927171055j:plain

 

スマートフォンと本体をアプリにて認識してつなげることで設定を行い、使用可能になります

 

どうでしょうか?

説明書をみても書いておらず、公式HPのサポートなどをうまく使ったり、開封の儀式の動画など上がっていますがわりと液晶のシール部分はどこにも書いてありませんでしたがはがすようにしてください

 

 

[カメラ] 沖縄の観光客がいない浜辺で、この浜辺で、はじめてコスプレ撮影をした男の話

 

どうも、lain(れいん)です

今回、ご紹介するのはコスプレして撮影できる浜辺です

コスプレのイベントや海で撮影できるスタジオもありますが、少し旅行気分で沖縄までいけば綺麗な青い空と青い海で撮影もいいのではないでしょうか?

 

 

 

f:id:lainjing:20180926155641j:plain

 

 

introduction

 

今回は沖縄へ二泊三日で撮影へ観光もかねていってきました

もちろん、撮影がメインになっているため普通の観光の予定表とは異なってきますが、その流れはこちらになります

 

1日目

9:00 那覇空港到着

10:30 レンタカー乗車

13:00 観光

15:00 撮影する浜辺のロケハン

16:00 ホテルチェックイン 夕方の浜辺でポトレ撮影

19:00 ごはん

23:00 就寝

 

2日目

10:00 ホテル出発

11:00 コスプレ着替え・メイク 撮影準備

 

12~13:00 撮影

 

14:00 片付け

 

とコスプレ撮影だけに関して書くとこのようなかたちで撮影に臨みました

 

(2日目の撮影した時間に関しては野外の撮影としてはもっとも適していない撮影の時間ではあるのですが沖縄の天気予報で朝と午後からが雨で空いている隙間時間を狙って撮影をしました)

 

さて、今回の旅行は何度も『僕』は沖縄を訪れていて、また、一緒にいった友達もいったことがありいわゆるリピーターというところでどう沖縄の本島で自然を探し人のいないところを探し、そこでコスプレ撮影をするかというところを目指しました

ここで注目をしたのが沖縄の北部でした

いま、那覇ではボトルネック現象がおきています

これは国内外の観光客が沖縄に押し寄せてきているということです

また、ほとんどの観光客は美ら海水族館首里城など那覇を中心に沖縄を縦断します

リピーターは中部の読谷村恩納村に直行してホテルのプライベートビーチなどで羽をのばします

こんな中、沖縄の北部には古宇利島などをはじめ観光地はあるもののまだ手付かずの自然やお店が残っています

この夏の時期はどこに人がいないかを探すのがたいへんな土地であると考える次第で、この人がいない手付かずな場所が北部であると考えています

現在では那覇をパスして色々なところへいくため、また北部の振興の計画の一端として高速船の運航も計画されているくらいです

この自然で人がいない場所が残っっているうちに、コスプレ撮影をしたいというところが今回の旅の目的でありました

そして、旅とは作られた商品を消費することで得られるものによろこぶのではなく、手のつけられていない自然で得られる経験が大事ではないかと考えています

 

 

 

今回撮影で使用した浜辺

 

沖縄本島の北部の今帰仁村の公園の中にある「村民の浜」というところです

「村民の浜」というネーミングの甲斐あってか観光客は誰もいません

また、村民のみが使用できるというわけでもありません

トイレや更衣室も公園の中の施設のため管理されています

景色は海の向こう側には古宇利島を眺めることができ、岩場や岬もあります

当然、観光客どころか人もあまりいませんのでゴミもなく綺麗な海がそこには広がっています

定休日は施設の駐車場は空いていますが更衣室・トイレなどは鍵がかかってしまっているため注意が必要です

また、4~10月は19時までの開場時間になっています

この時間を過ぎてしまうと駐車場はチェーンでロックされてしまいますのでご注意を。

 

浜辺の砂はとても柔らかく波もおだやかですので遊泳にも向いています

浜全体的に広いためドローンを飛ばすこともできますが風に気をつけることをお忘れなく。

 

 

f:id:lainjing:20180926155728j:plain

 

村民の浜

 

住所 沖縄県 国頭郡今帰仁村字仲宗根851-1

今帰仁村総合運動公園内

(奥の駐車場まで車でいきそこに駐車後歩いて、浜辺へいくのもいいかもしれませんが海へ降りるには急な坂道があります。 下にも駐車場がありますのでそこがおすすめですがなかなかわかりづらいところにありますので一度、車を降りて確認することをおすすめします)

 

テニスコートの近くに小さい案内がありますがこれに気づくのは車ではおそらく困難でしょう

 

f:id:lainjing:20180926155703j:plain

 

開場時間

9:00~19:00(4~10月)

9:00~18:00(11~3月)

 

休 

月曜日

(上記に書いた通り更衣室・トイレは鍵がかかっていて使えません。ただし、浜辺の利用はできます)

 

 

 

[カメラ] 作品性を持たせる写真を撮るためにする、たった1つの大事なこと

 

どうも、lain(れいん)です

今回はポージングのことも少し触れていき、写真を撮る時のちょっとした工夫についてお話をしてみようと思います

こちらはポートレート撮影のお話になりそうですが、コスプレなどの撮影でも、もちろん使えますよってお話です

 

突然ですが、ポートレート写真を撮影するとき、どのようなことを考えてカメラのシャッターボタンを押していますか?

この押す前にすることが写真を撮るという行動において8割を占めているといっても過言ではありません

それは「この被写体をどのように撮りたいかという完成形のイメージを持って撮影する」ということです

 

何気なく写真を撮影していて、「お、うまく撮影できた!」なんてことはあるのではないでしょうか?

これでもいいのですが、もし、お仕事として撮影をするときにはこれではいけなくて、もう撮るべきものは決まっていてこれが撮れて当然、あとはそのイメージの微調整やそのときの雰囲気に合わせてカットを重ねていく作業をしなければなりません

 

そういうことで、ここではどのようにこの写真を撮影したの?という最近、撮影をした一枚を例にして書いていきます

 

 

 

 

f:id:lainjing:20180921120415p:plain

 

f:id:lainjing:20180921120353j:plain

 

 

イメージ

今回はいつもコスプレ撮影をしている友人とのプライベート撮影です

お仕事ではありません

そんな、友人から「1950年代アメリカファッション」をテーマに撮影をしたいということで、お話をもらいました

では、どのように撮影するかというより今回のこのテーマにそっての世界観と何を言いたいかを考えたときに「平和」ということを考えました

1950年代のアメリカファッションというのは戦争が終わり少し落ち着いてきたときに、女性が華やかに着飾られていくそんな時代です

そうしたときに、そんな平和を表現できればと思い写真にその世界観を埋め込んでいこうと考えました

そんなときに、白い羽のようなものを平和の象徴としていければいいなと思っていたところ、白ホリで白い布のオーガンジーが垂れている部屋でこれだということで、こちらで最初に撮影しました

天井から垂れているオーガンジーを羽のようなイメージで見立てて撮影をしました

 

 

ポージング

天井からの垂れ布が背中から出る羽のイメージになるように立ってもらいました

腕は身体から少し離すことで二の腕のつぶれを防ぎます

また、鼻の高さ、顎、肩、肘と身体の関節や点と点がつながるように意識して立ってもらっています

 

 

カメラのセッティング

目の中にひかりを入れたくてアイキャッチのためにround flashというドーナツ型のアクセサリーをストロボにとりつけて撮影をしました

また、スタジオ全体にひかりを均等にまわしたいと考え、アンブレラを天井にむけてストロボを発光させて、バウンスさせて、ひかりを均一にまわしています

この方法はHASEOさんの本から勉強させていただきました

 

 

 

反省点

この写真の反省点としては腕の位置でしょう

反対側の腕が消えてしまっているので顔や髪の毛のほうにだして、カメラ側の腕も空間を作って身体のラインを意識するべきだったでしょう

また、ひかりを均一にしてしまっているため陰影が弱いため奥行き感に物足りなさを感じます

これは布をカメラのレンズ側に寄せて前ボケでもよかったと考えています

 

とこんな感じで考えながら、撮影をしたり撮り終わった写真を振り返ったりなどをしています

自分の写真も好きではあるのですが、もっとよいものをもっとという欲もあるもので……

日々精進でそれでもみなさんのためになったと言ってもらえるとこれ幸いです

[カメラ] コスプレ撮影にも使える!! モデルさんが気をつけるポージングの3つのこと

 

どうも、lain(れいん)です

最近はポージングについてやコスプレ撮影時やポートレート撮影のマナーなどを書いてきていますが、今回のテーマは座って撮影をするときの気をつけることを書いていこうと思います

座りのポージングにもバリエーションはいくつかありますが、大きくわけると次の3つにわけることができます

 

低い椅子に座るときのポージング

高い椅子に座るときのポージング

床に座るときのポージング

 

この中で今回、テーマにあげようと考えているのは3つ目の床に座るときのポージングです

写真をみると絵を置くために使った台のようなものがみることができるのですが、そこに座ってもらっています

この台というものがとても広く大きいものなので、座る場所の設定は床に座るというものにポージングの分類をさせていただきます

今回のモデルさんはいつもお世話になっている水羽ちゃんです

コスプレは懐かしの神風怪盗ジャンヌというチョイスをできるのは彼女以外にはいないのだろうなと思っています(世代がバレる、そして、ちなみ彼女は若いですw)

 

f:id:lainjing:20180920114344p:plain

 

床に座るときのポージングに気をつける3つのポイント

 

床に座るというポージングは言い換えるのであれば床に接触する部分が多いポージングになるためただただ座るという行為をしようとすると脚やおしりなど身体の部分に圧がかかり太く見えてしまうため撮影時にはいつもよりは注意を払わなくてはならない気を使う撮影になります

 

 

 

身体の接触部分をなるべく減らす

今回の写真では脚に注目してもらえるとその言いたいことがわかるかと思います

左右の脚のくるぶしの辺りは当たる面積を少なくしてふくらはぎや太もものあたりに空間を作るようにして身体が床の部分と触れるところを少なくすることで脚をつぶしてしまい太く見えてしまうことに気をつけています

また、クロスさせた脚も片方の脚に触れないように浮かせることでそのラインを保つようにしています

 

両方のおしりに支点を置いて体重をかけないようにする

この写真では見えないのですがまた大事なところはおしりにかかる体重です

カメラに写る側とは反対側のほうへと体重をのせることで手前側を浮かせています

これによりカメラ側の左脚は全体的に浮いていてその脚のラインが生きています

写真ではカメラの撮影側とは反対の右側から脚をクロスさせて手前に出してくるときに足首をつま先のほうに伸ばしてまっすぐにすることで脚のラインを出していてこのクロスしているほうへのおしりに体重をかけたままのこの体制は意外と大変です

 

 

つま先はまっすぐにしておくこと

右脚、左脚の脚首とつま先を見てもらうとわかるのですがしっかりと伸ばすことで長を強調することができます

このとき、つま先の方向は写真の画角の隅のほうへ向くようにしましょう

また、足裏を見せることはしないように気をつけることも大切な要素です

足裏を撮影しなくてはならない(どんなフェチだよというツッコミは受け付けません)場合は足裏の汚れを落としてから写し込むようにしましょう

 

被写体のバランスは直線と曲線の空間を作ること

この写真ですとクロスした脚の部分を見てもらえるとわかりますが、胸やお腹のほうには寄せすぎず離すことで空間を作っています

また、腕、扇子などを使って曲線を表現したり空間をつくることで重たくならないようにバランスをとっています

とくに白い布の衣装は布のしわなどで陰影を作りラインを出したり、空間を作ることで全体のバランスをとります

 

と今回の写真での座りポージングではこのようなことに注意をすると綺麗な写真を撮れますよというお話でした

 

 

最後にもう一つ

スカートなどの衣装の場合、コスプレなどでしたら中にちゃんと見えないように履いているものですが、下着やそういった中が見えないようにちゃんと気をつかいましょう

床座りの撮影などではとくに見えやすい状況であるためそういったところにも気をつかっていき写らないように撮影した写真はチェックなどするでしょうから、自分はいいと思っても相手が不快をしめすような写真であれば本人が見ているときにちゃんと削除をするようにしましょう

 

それでは、ポートレートやコスプレ撮影、大切な人を撮るときなど人物を撮影するシチュエーションはたくさんあると思います

その時しか撮れない良い写真を残す一助になればこれ幸いです

最後まで読んでいただきありがとうございました