lain no blog

医療やらコスプレやら美味しいものやらマジックやら……

【撮影した一枚の写真を二度おいしくする方法】

先輩のための撮影指南シリーズもなかなか増えてきましたね。

 

今回は先輩の質問にあった「光の使い方」というところに近いものにフォーカスをあてて、自分のカメラノートから抜粋して書いていきたいと思います。

 

先に結論から言いますと「自分の撮りたい写真をイメージしてシャッター」を押せというお話しです。

 

RAW(最近はもう画素数も多いのでjpgで大丈夫ですが)でレタッチをするならばそれをする事をイメージしてどういう風に写真を撮るかということを考えてほしいということです。

 

はじめは、カメラの設定やら構図などでなかなか余裕はないものです。
しかし、それはカメラの基本を理解し、数をこなしていくとなんとかなってくる問題です。(なりました。)

そこで、ポートレート・コス撮影するときの自分が意識している事を中心に解説していきたいと思います。
おそらく、これは邪道ですのでいいお手本とは言えないかもしれません。
しかし、こんなのもあるんだなぁと思っていただければ幸いです。

 

『僕』は撮影はじめのときは(とくに女性を撮影するときは)わざと少し白トビ気味に撮影します。
このとき、もちろんあとでレタッチをするときに色を起こせる程度に調節して撮影します。
また、この撮影法だと肌をいちいちレタッチすることをしなくてもいいので便利です。
それによって、その場でモデルさんに見せるとけっこう喜んでももらえるということです。
といっても、邪法は邪法でしょう。

 

セオリーとしては少しアンダー(暗め)に撮影をするのが基本ですので、そういう写真も撮っておくことも大事です。

女性ってね、誰でもそうだと思いますけどそのときの撮影した写真の顔って気にするもので。。。
小さなニキビやファンデーションの浮いた感じ、演じているキャラクターとは違うところにあるホクロなど。
他人からみたら、「そんなこと?」と思われるんですけどね。
そういうものを白トビ気味で撮影するとそういうものが写らないようにする方法もありますよというお話し。

添付している落書き付き写真をみていただけるとその用法・容量が書いてありますのでご参考に。

 

 先輩のためにここまでする後輩。
偉いなぁ〜、これは今度ビールをおごってもらえることでしょう。

f:id:lainjing:20170726232831j:image