lain no blog

医療やらコスプレやら美味しいものやらマジックやら……

Think Simple のまとめ

スティーブ・ジョブズの名言や伝説を書く本は多く見る
その彼は死して大きく取り上げられ、伝記は様々な人間に影響を与える事となる
何を隠そう私もそんな彼の影響を受けた人間のひとりだ
私が読んできた何冊かの彼に関する本の中から最もよかったものを選び、そのまとめを取り上げる事とする


Think Simple

1.容赦なく伝える

意地悪になる必要なく、ただ残酷なまでに正直になること。
あなたが関わる仕事では真実を隠すような事態は避けること。
一緒に仕事をする人にも同じことを求める。
あなたの真意がどこにあるか推測しないですめば、人々はもっと集中できるし、前向きにも生産的になる。
いい内容、悪い内容でも正直な意志疎通を基本とすれば、あとになって貴重な時間とエネルギーを無駄にしないで済む。

2.少人数で取り組む

「考えることは大きく、それ以外は少なく」
有能な少人数のグループという概念をもつこと。

3.ミニマルに徹する

ふたつ以上のことを伝えようとすなにきくかなななななかなかななはなしさくかくけかかると、相手の注意が分散してしまう。
複数のメッセージを伝える必要があるときには、共通項をみつけてひとくくりにし、その共通項を強く主張する。
大量の選択肢は選択肢がないのと同じこと。
提案は絞ることで魅力的になる。

4.動かし続ける

プロジェクトでは、少し時間が足りないくらいが理想的なスケジュール。
このスケジュールで一度できれば、成功に近づくひな型を作れたことになる。
快適なスケジュールは常に警戒すること
ある程度のプレッシャーが目標にむけて物事を前進させる。
余裕があると多くの意見を求めることになり、アイデアは少しづつ削られて死んでいく機会が増えるだけ

5.イメージを利用する

あなたのアイデアの本質を表しているコンセプトのイメージを見つけること。
シンプルで力強いものがいい。

6.フレーズを決める

人や会社をスマートに見せる最良の方法は完璧な明快さでアイデアをシンプルに表現することだ。
アップルウェブサイトはコミュニケーションを学ぶの最適である。
アップルがスマートだという印象の多くは簡潔さと率直さからきている。

7.カジュアルに話し合う

ヒエラルキーの少ないスタートアップ企業のような運営を目指す
シンプルさから利益を得たければ、考えることは大きく、行動は大きくしないでいること。
ただ、このカジュアルさで早く行動すること
ビジネスを成長させるのにきわめて効果的な方法のひとつはスタートアップ企業の文化の維持

8.人間を中心にする

人間は人の声に反応し、シンプルなものに反応する

9.不可能を疑う

すぐにノーと言う人を信じるよりも、才能のある人が奇跡を起こすことを信じるほうがよい。
全体の状況を把握し、それに応じて決断を下す能力を持っている。
シンプルさは、たとえば専門家の意見と異なっていたとしても、<常識>にもとづいて行動することをおそれない。

10.戦いを挑む

非常時には非常手段が必要とされる。
イデアが生死の境にあるときこれは非常時だ。
最大限の努力をする。
自分のアイデアの命運がかかっているときに、もっともやってはいけないことはフェアな戦いなどをしてはいけない。
すべての武器を使うこと。
可能なら自分の有利な立場を利用してもいい。
そして、忘れてはいけないのは自分のアイデアに対する情熱をもっとも強力な武器になりうることだ。

 

 

Think Simple ―アップルを生みだす熱狂的哲学

Think Simple ―アップルを生みだす熱狂的哲学