lain no blog

医療やらコスプレやら美味しいものやらマジックやら……

本を読む

  一日ずっと家にいる
こんな日は何年ぶりだろうか‥
体調を崩していなければこんな日はなかなかない
ということで、ずっと朝の6時から読書をする

読書は好きで月に20~40冊のペースで、床に本が積まれていく
これは積ん読という意味ではなく、本棚に入らないためだ
しかし、今日は体調がすぐれないというのに時間があるしこういう時に限って、本の頁を
めくる早さはよいテンポで進む

電子書籍は味気ない
そんなことを思っていても本棚のために最近は電子書籍を買う
しかし、どうしても紙の本で欲しい本、手には入らない本は紙で購入する
月に一回は神保町で古本を物色しにいくのはこれだ

紙の本でなければというものもある

本はただ文字を読むのではない
自分の感覚を調整するツールでもある

  調子が良いときに本を読むと文字が入ってこない
何故、入ってこないかを考える
逆に調子が悪いのに文字が入ってくるときもある
そのときに何故入ってくるかを考える
読書は精神的な調律
チューニングみたいなものだ

そんなこんなで22冊目の本を横に置く